保健学博士・ヘルスコミュニケーションスペシャリスト


           蝦名 玲子


【蝦名玲子(えびな・りょうこ)とは?】

■専門:ヘルスコミュニケーション、緊急事態におけるリスクコミュニケーション、健康社会学。日本公衆衛生学会認定専門家。

■約20年にわたり、官公庁とともに保健事業に取り組んでいる、ヘルスコミュニケーションスペシャリスト(保健学博士)。

■東日本大震災後は、日本公衆衛生学会主催公衆衛生活動の遂行能力向上セミナーや日本栄養士会災害支援栄養チームリーダー育成研修をはじめ、緊急事態におけるリスクコミュニケーションの支援者教育に取り組む。

■旧ユーゴ紛争生存者の生き抜く力研究とヘルスプロモーションを、クロアチアで実施。そこからの学びを基に、病気に焦点を当てて対処法を練る医学的アプローチではなく、「困難な状況に置かれても、どうすれば健康を保てるのか」と健康に焦点を当てて、保健(健康を保ち高める)の視点から、企業とともに、職場のメンタルヘルス事業に取り組む。

■「官・民・学といった組織形態に関係なく、効果的に、人や社会(まち、職場、学校、病院)の健康づくりに貢献したい」と、縦割り社会や派閥とは無縁の生き方をしている研究者であり、ヘルスプロモーターである。

■書籍13冊(単著7冊、共著6冊)。監修DVD3本→ こちら


【所属】

グローバルヘルスコミュニケーションズ代表。

■兼任・歴任ポスト:日本健康教育学会代議員やヘルスプロモーション・健康教育国際連合(IUHPE)コミュニケーション諮問委員会委員等の学会の役員、消費者庁等の官公庁の委員や自治体の政策づくりのアドバイザー、東京大学や順天堂大学等の複数の大学の客員/非常勤職。

■経歴・講演実績や主なお取引先・メディア掲載や連載実績等のプロフィール詳細→ こちら


【連絡先】

■ヘルス・リスクコミュニケーション分野や生き抜く力を高める分野の講演・研究・アドバイスをお求めの方は、ぜひご連絡ください! → こちら